• サンプルルーム
ホーム > 基礎工事・建築構造

STRUCTURE 基礎工事・建築構造

耐震性・耐久性・遮音性を重視した基礎工事・建築構造
地盤調査(2014年9月17日~24日 2ヵ所で実施)
コンクリート柱に溶接閉鎖型帯筋を採用
ラーメン構造
N 値50 以上の安定した地盤に、13 本の杭を打ち込み支える杭基礎工法を採用
劣化対策等級「3」を確保躯体の耐久性を高めます
鉄筋を錆から守るかぶり厚さ
強度と耐久性を左右する水セメント比50%以下
耐久性を見据えた、強度の高いコンクリートを採用
住戸内居室床スラブ厚は約150~200mm。遮音性に配慮した二重床(予定)
コンクリートの品質を保つための厳格なチェック
床衝撃音低減性能LL-45・LH-50 等級相当の二重床構造(予定)
かぶり厚さ概念図
鉄筋を錆から守るかぶり厚さ
ダブル配筋
耐震構造
外壁
耐震等級1
複層ガラス(予定)
住宅あんしん保証
※掲載の写真は、全て参考写真です。